デルタの窓口

2019年4月23日火曜日

新・三都物語 前編

4月9日(火)

18きっぷが1回分余っていたので、時間割で全休を作り出して旅してきました。とりあえず福井か豊橋のどっちかを最終目的地にしたかったので、そこから逆算して彦根・桑名・豊橋を巡ることに。























彦根でのお目当てはあかね号。たまたま281系と並びました。























引いてもう一枚。中小私鉄の流線型車両はどこか魅力的です。























「湖風号」と書いて「うみかぜごう」とかいうクルマ。























この顔付を見ると一瞬元西武なのを忘れる800系。























あかね号が米原から帰ってきました。























最後に赤電を撮って〆。次の私鉄都市へ移動します。























普通に関ケ原経由で名古屋を目指しても良かったのですが、せっかくなので亀山回りで目指すことに。























柘植でいつもの大回り旅とは逆方向に乗り換え。























亀山で越境。年末ぶりに東海圏へ来ました。























亀山からはワンマン快速で一路桑名へ。























お目当ては三岐鉄道のナロー。下調べせずに来たので、適当にカーブを見つけて張ることに。























逆アングルからも。軌間ばかりに目が行きがちですが、何気にLEDが曲者…(苦笑)























762mmって写真で見るよりもかなり狭いです。。。























三岐鉄道はまた時間をかけて再訪したかったので今回はこれくらいに。一気に三河の国まで移動します。























というわけで後編は豊橋から、続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿