デルタの窓口

2018年7月7日土曜日

関西大回りの旅'18夏

7月3日(火)

今週の全休は大回りの旅に行ってきました。スタートは千里丘から、15時間かけて茨木を目指します。























朝ラッシュの大阪界隈をすり抜けて日根野へ。やっとカメラを取り出せるほどの混雑度合いになりました。























日根野で紀州路快速を乗り継いで和歌山へ。個人的には初めましてな水色の117系。























和歌山からはお久な105系で奈良へ。中間改札の存在を失念していたので、一瞬焦りました(苦笑)























途中橋本で10分休憩。ここから難波まで電車1本っていうのも余所者には不思議な感じです。























3時間も乗っていたはずなのに気づけば奈良に到着。しかしそこに待ち受けていたのは、またしても水色の電車なのでした(笑)























もちろん見慣れたウグイス色の電車も。平日の真昼間にも関わらず、まあまあな数の同業者がいらっしゃったので、いよいよってところでしょうか。























奈良からは久宝寺・放出を経由して木津へ。これぞ大回りって感じのルートです。























奈良からまっすぐ行けば8分で着くところを、はるばる2時間強かけて到着。個人的な話ですが、何度来ても木津が京都府内だということが信じれません。























加茂からは久々のディーゼル。ひとまず伊賀上野に向かいます。























伊賀上野からはまさかのリニューアル車。賛否両論分かれる見た目ですが、個人的にはえっ……って感じです(笑)























柘植で草津線を乗り継いで草津へ。もう223系が乗り入れてくる時間帯になっていました。























ここで、草津から乗ろうと思っていた新快速が15分遅れという事実が発覚。ちなみに近江塩津で4分乗り換えが控えているのですが……























9分遅れながらきっちり接続を取ってくれました。近江塩津で次の便までの50分をどうやりくりするか考えていたところだったので、ありがたい限りです。























旅のフィナーレは113系でした。久々のMT54でしたが、実家のような安心感ここにアリってとこです(笑)























ただ車内は未更新なので、どちらかというと岡山車に近いイメージ。























ということはテーブルも残っているわけで、そうなるとやっぱこうなっちゃいますよねー(((























そんな感じで、最後の最後に旅っぽいことをして幕を下ろしたのでした。これだけ旅して120円なのだから大したもんですよね。























余談ですが、後日サークルの女子に「私も大回りしようと思ってたところでさー!」なんて言われたわけですが、わりと一般人にも浸透しているのですかね……? ちょっと驚きでした。ではでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿