デルタの窓口

2018年9月13日木曜日

晩夏の中日本遠征'18 その2

9月3日(月)

その1の続き。DD51のトプナンとご対面。当然ながら茶釜のDD51は始めてみました。























隣にいたDD53と。ここまで間近にラッセルを見ると凶器にすら見えてきますね…























定期的にSNSで話題になる錆だらけのあさま。























個人的に一番見たかったクレーン車。いつかは実演してほしいなぁと思ったり。。。























どう見てもレールバスだけど115系らしい何か。もともとは横川駅の構内に留置されてたみたいですが、保線とかで使ってたのでしょうか……?























はるばる群馬まで来て、矢賀の車両所で何度も見たことある車両が… 急に親近感がわきました(笑)























運転体験されている方がいたので一枚。やっぱり動いているほうが貫禄ありますね。























例のヘッドマーク、個人的にはデザインがかなり気に入ってます。























広場に戻って横からカマ群を。こうしてみるとクセの強いカマばかり集まってますね……w























ほどほどに満喫したところで、プランを変更して碓氷峠の遊歩道を歩くことに。























20分ちょっと歩いて丸山変電所に到着。雑誌で見たことある建物だー!って感じです(((























道中いくつもトンネルがあるわけですが、トンネルごとに出口の向こうの世界が違う印象でした。これはジブリっぽいイメージ(こなみ)























トンネル3連続を望遠で。旧線とはいえ、こんなところを鉄路が走っていたかと思うとソワソワします。























3連続トンネルの先にあった光景。というわけで…























とうとうめがね橋に着きました。いわゆる「一生に一度は行ってみたい場所」の一つだったので、もう感無量です。























こんな見上げるような建築物が125年前から、それもこんな山奥にずっと残ってると思うと感慨深いですねぇ。。。























というわけで往復2時間半かけて横川まで戻ってきました。また機会があれば行きたいですが、次行くなら晴か秋ですね(笑)























初日からずいぶん濃いですがその3に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿